基本理念

Webサイトをつくるということ

インターネットというインフラが浸透し始めて早10年強、Webサイト(ホームページ)の重要性も年々高まっています。ネット利用環境を見ても、携帯電話やスマートホンの普及、無線LANの整備など、文字通り「いつどこにいてもネットに繋がる」時代だと言えます。ビジネスに携わる人のみならず、主婦や学生など一般ユーザーの急激な増加もWebサイトの在り方に大きな影響を及ぼしています。

そういった背景の中、Webサイトはマーケティングやブランディングの観点からも、なくてはならないビジネスツールだと言えるでしょう。

BLANCELLの考え方

BLANCELLではWebサイト(ホームページ)は「広告」にカテゴライズされるものと考えています。「広告」としてのWebサイトの目的は、集客であり、情報発信であり、情報収集であり、双方向コミュニケーションであり、ブランディングです。そのためには「広告」目的に沿うデザインや導線設計、プロモーション活動がWebサイトの明暗を分けるといっても過言ではありません。

BLANCELLでは常にクライアント様の「広告効果」を最大限に発揮することを念頭に日々制作活動を行なっております。